↑↑↑ 6月入荷・再入荷予定更新 ↑↑↑

辨天娘 純米 鳥姫(若桜町赤松産)R2BY 3番娘 1800ml

価格: ¥2,682 (税込 ¥2,950)
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

太田酒造場さんのみで醸す、鳥姫!


1909年、鳥取県の東部、若桜町で、「辨天娘(べんてんむすめ)」醸造元 太田酒造場さんの酒造りは始まりました。
人口4千人弱の若桜町、森林が町の面積の95%を占める自然の豊かな環境。
初代が酒造りを始めてから今日まで、すべては上質な純米酒造りのために、
酒にふさわしい米を作り、地元の農家さんによる契約栽培にも取り組んできました。
昨今、日本酒はその土地を表現するものとして、また海外の方にはJAPAN BRANDとして、
さまざまな場所で存在感を増し、楽しまれるものとなりました。

太田酒造場さんは、日本酒というものを通して、米や麹の文化を伝えて行くことが蔵元の役目だと言います。
日本の食卓にご飯がならんできたように、同じお米からできた日本酒や麹料理も日本の食卓をあたたかく豊かなものにします。
田んぼから、畑からの恵みをどうぞお楽しみください。



1.
酒造りができることに感謝
若桜町の自然、生産者と酒米、手伝ってくださる人、
みんなのおかげで酒造りができています。

2.
米を大切に、しっかりと醗酵させる
自分たちの自営田でも酒米を作っており、
米を大切に思う気持ちはとても強いものです。
その米を余すことなくお酒にするため、
しっかりと醗酵させたお酒を造ります。

3.
飲んだ後にさらに飲みたくなる、
食べたくなるお酒を造る
ゆるゆると、長い時間でも飲める、
飽きのこないお酒を提供していきます。


「鳥姫」 は1996年、鳥取県農業試験場において「神の舞」を母に「玉栄」を父として交配して作られた酒米。 初めて聞く酒米、今ではこの鳥姫を使っているのは、太田酒造場さんだけらしい。

<テイスティング>
鳥姫、初めて聞く酒米で、当然初めて飲んだ。蔵へ行った際に初めて飲んだんですが、個性があって面白い。
まず、酸の色が他の辨天娘とは異なり、やや甘みを感じる酸味... と思ってるのに、日本酒度+20って(笑)
まだ若さも残っていて、渋みも感じる。これは常温でのお話です。
こうゆうお酒は、一気にとびきり燗まで上げて飲む方が、楽しいと思います、蔵でも熱々で頂きました。
若いながらも、すこーし干し葡萄のような香味が出てきます、完全発酵させてるのにこの甘みある香り。
じっくりとお楽しみいただけると思います、このキレ感がまた気持ち良いですー。



walm / Full

原料米 鳥姫(山本敬二 若桜町赤松産)
精米歩合 75%
日本酒度 +20
酸度 ---
度数 15度
蔵元 太田酒造場 (鳥取県)


関連商品

くみっこ(いぶりがっこ)

商品一覧

特集から選ぶ

日本酒 -蔵元で選ぶ

自然派ワイン

ウイスキー

ピスコ

ジン

クラフトビール

リキュール

本格焼酎

無添加 おつまみ

その他・インフォメーション

営業日について
  • 今日
  • 定休日
  • 12時より営業

こちらのカレンダーは、

与板本店の営業日となります。



営業時間

 火~土 : 10時~17時

 日、祝 : 12時~17時




ページトップへ