↑↑↑ 7月入荷・再入荷予定更新 ↑↑↑

辨天娘 青ラベル 1800ml

価格: ¥2,500 (税込 ¥2,750)
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

辨天娘の定番青ラベル、始まりはこれで決まり!


1909年、鳥取県の東部、若桜町で、「辨天娘(べんてんむすめ)」醸造元 太田酒造場さんの酒造りは始まりました。
人口4千人弱の若桜町、森林が町の面積の95%を占める自然の豊かな環境。
初代が酒造りを始めてから今日まで、すべては上質な純米酒造りのために、
酒にふさわしい米を作り、地元の農家さんによる契約栽培にも取り組んできました。
昨今、日本酒はその土地を表現するものとして、また海外の方にはJAPAN BRANDとして、
さまざまな場所で存在感を増し、楽しまれるものとなりました。

太田酒造場さんは、日本酒というものを通して、米や麹の文化を伝えて行くことが蔵元の役目だと言います。
日本の食卓にご飯がならんできたように、同じお米からできた日本酒や麹料理も日本の食卓をあたたかく豊かなものにします。
田んぼから、畑からの恵みをどうぞお楽しみください。



1.
酒造りができることに感謝
若桜町の自然、生産者と酒米、手伝ってくださる人、
みんなのおかげで酒造りができています。

2.
米を大切に、しっかりと醗酵させる
自分たちの自営田でも酒米を作っており、
米を大切に思う気持ちはとても強いものです。
その米を余すことなくお酒にするため、
しっかりと醗酵させたお酒を造ります。

3.
飲んだ後にさらに飲みたくなる、
食べたくなるお酒を造る
ゆるゆると、長い時間でも飲める、
飽きのこないお酒を提供していきます。


そんな辨天娘さんの定番酒が、この青ラベルです!!定番酒から、辨天娘ワールド全開です!!
「青ラベル」は一種類の酒米を使った純米酒とは違い、5種類すべての酒米が入ったお酒です。
通常、お米を作ると「端米」といって30kgの袋に入らないものや、選別ではじかれた小さな米ができますが、
青ラベルでは、それらを契約農家さんから買取り、仕込みに使っています。
原料米の等級検査が受けられないので、酒税法上「純米酒」とは名乗れませんが、
醸造アルコールの添加はせず、他の純米酒と同じように手間をかけて造っています。

<テイスティング>
この穀物感、なめらかな口当たり、玉栄の個性が感じやすいかな?なんとなく。
すぐにお燗...  おぉ!隠れていた甘みのある酸味が浮きできて、なんとも味わい深くキレる。
温度が落ち着いてくると、少し干し葡萄のような香味もある、そして中盤にスパイシーさ。
定番熟成のお手本かな、とてつもなくうまい。飲食店様は、1本あるとすごく便利な純米酒、最高だなコレ。
飲む手が止まりません...  熱々のこの旨さよ。おばんざいから、餃子、焼き鳥、何でも来い。


walm / Full

原料米 国産米(若桜町産)
精米歩合 80%
日本酒度 +4
酸度 ---
度数 15度
蔵元 太田酒造場 (鳥取県)


関連商品

くみっこ(いぶりがっこ)

商品一覧

特集から選ぶ

日本酒 -蔵元で選ぶ

自然派ワイン

ウイスキー

ピスコ

ジン

クラフトビール

リキュール

本格焼酎

無添加 おつまみ

その他・インフォメーション

営業日について
  • 今日
  • 定休日
  • 12時より営業

こちらのカレンダーは、

与板本店の営業日となります。



営業時間

 火~土 : 10時~17時

 日、祝 : 12時~17時




ページトップへ