Takachiyo 純米吟醸59 亀の尾 1800ml

価格: ¥3,000 (税込 ¥3,300)
数量:
在庫: 在庫切れ

返品についての詳細はこちら

twitter



世界に発信!?極(59)takaシリーズ、CHAPTER NINEは亀の尾だ!


高千代酒造のある新潟県南魚沼市は、県内屈指の豪雪地帯であり、そして全国的にも有名な米どころでもあります。
日本百名山のひとつ、巻機山(まきはたやま)の麓に位置し、“多くの人が「千代に八千代に」栄えるように”という願いのもと、
明治初年に初代蔵元が清酒「高千代」と命名し、高千代酒造として創業されました。
巻機山の伏流水(不純物の極めて少ない極軟水)を使用し、「扁平精米」という高度な精米技法を駆使し丹精込めて造られた酒は、
蔵人の手によりその名水に恥じぬ旨さが見事に引き出され、新潟県内のみならず全国的にも愛され続けています。

「高千代」、「たかちよ」に続く、新たなブランディング、その名も「極(59)taka」シリーズ!
そのコンセプトは、
・全国の酒米を協会1801号酵母で醸し、扁平精米の技術で精米歩合59%に統一。
・大吟造りで海外(インバウンド)も取り込む英語表記、カラーで見せる生原酒シリーズ。

シリーズ全体に言えることですが、協会1801号酵母バリバリ、ものすごく華やかな香り!まるで香水のよう!!
ファーストアタックは強めで、柔らかくまろやかで、ややとろみさえを感じる口当たり。
それでいて、口内を滑らかにスルスルと流れていきます。
余韻は長めで、鼻から抜ける吟醸香や、飲み込んだ後に身体の奥から舞い戻るアフターフレーバーがとっても華やか!

R2BYに初登場した、酒米「亀の尾」を使用したお酒!今年も登場です!
先にサンプルをいただき試飲させてもらったのですが、ふくよかな甘味とアフター大人なビター感にハマっちゃいました!!
1801号酵母の華やかさと実にうまく調和され、互いに干渉せず両者の良さがしっかりと活かされているなぁと!
今回、蔵元にとって亀の尾は初挑戦だったそうですが、実は当初その品質は決して良いものではなかったそう…。
でも、長年の経験と勘、チームワーク、そして熱き情熱を結集させ、その結果全会一致で満足できる仕上がりになったそうです!
その証拠に、発売後まもなくしてすでに蔵在庫もゼロ…!当店入荷分も売り切れ次第完全終了です!
気になる方はお早めにご利用くださいね!!

cold / Medium

原料米 亀の尾
精米歩合 扁平精米59%
日本酒度 ---
酸度 ---
度数 16度
蔵元 高千代酒造 (新潟県)


関連商品

くみっこ(いぶりがっこ)

商品一覧

特集から選ぶ

日本酒 -蔵元で選ぶ

自然派ワイン

梅酒・果実酒・リキュール

本格焼酎

食品

その他・インフォメーション

営業日について
  • 今日
  • 定休日
  • 12時より営業

こちらのカレンダーは、

与板本店の営業日となります。



営業時間

 火~土 : 10時~17時

 日、祝 : 12時~17時




ページトップへ