↑↑↑ お得情報満載!詳細は各バナーをクリック! ↑↑↑
 

二才の醸 ~metropolis~ 720ml

価格: ¥1,700 (税込 ¥1,870)
数量:
在庫: 在庫切れ

返品についての詳細はこちら

twitter



20代の蔵元でつなぐ「二才の醸し」プロジェクトの第一弾!


ある日、突然その男は現れた!
新潟県佐渡市にある天領盃酒造の社長 加登仙一くん(当時25歳)。
なんと自力で資金調達をして酒蔵を買収し、若干24歳にして全国最年少の蔵元になったぶっ飛んだ男!!

元々日本酒とは無縁な生活を送っていて、留学先で友人たちが自国のことを誇らしく自慢するのに対して、
自国のことを何も説明出来なかった加登くん。
そこから日本のことを改めて見つめ直し、日本文化の魅力に目覚めたとのこと。
その中でも日本酒の奥深さに惚れこみ、「いつかは日本酒の事業をやりたい」と思ったらしいです。
社会人2年目に、お世話になっていた方から天領盃酒造が売りに出されていることを知らされ、買収を決意。
2018年3月に晴れて蔵元になる。

加登くんとは、初めて会ってからずっと連絡を取り合って、蔵の方向性や考え方、ビジョンを共有してきました。
長い時間が掛かり、やっと小さなヒントが見つかったかな?という所まできて、僕も加登くんもそのヒントに大きな夢を見ています。
新潟、しかも佐渡ヶ島。ゼロではなく、むしろマイナスからのスタート!
でもきっとみんなが佐渡ヶ島へ足を運ぶことになると思います。
当店としては佐渡ヶ島の蔵元とは初のお取引です、ちょっと気合入っちゃいます。
全国には太陽のようにギラギラと輝く蔵元ばかりで、天領盃は暗闇でやっと認識出来るホタルの光くらいの輝きですが、
いま、ようやく力強く輝き始めました!

【二才の醸プロジェクト】
経験のまだ浅い20代でもおいしい酒が造れるんだ!と、2014年に埼玉県の酒蔵さんが立ち上げたブランド。
20代の蔵元が30才になるまで造り続け、30才になるBYで次の20代の蔵元へとバトンタッチするという、珍しい企画です。
これまでに3代の蔵元へとバトンが繋がれてきましたが、今年からその4代目を加登くんたちが担うことになりました!

加登くんらが担う第4回のテーマは、「都会と地方」~新しい生活様式の今、20代は何を思い、どう動く~
第一弾 : 二才の醸 ~metropolis~ = 都会
第二弾 : 二才の醸 ~the provinces~ = 地方
と全2回のシリーズでリリースされていきます。
ラベルもそれぞれ異なり、これら2種類を並べると1枚の絵が完成するとのこと!

第一弾となる今回のコンセプトは「20代前半の青春感、都会の刺激に満ちた街のギラギラ感」!
加登くん自身、目の前の楽しいことに一生懸命、将来より今を生きている、毎日の様に友達と飲み歩いてはバカ笑いし、
ときには羽目を外して翌日反省(一瞬だけw)。とにかく楽しいこと、やりたいことが第一!というような生活をしていたそう。
なので、甘酸っぱい青春感、天領盃や雅楽代よりももっと強い甘酸っぱさを表現しようと取り組みました。
20代前半の青春感をギュッと詰め込んだような、甘さに重きをおいたお酒に仕上がりました!
とはいえ、アルコール度数も14度と軽く、雅楽代のような綺麗さも感じられて飲み飽きも疲れもしない!
20代の方はもちろん、30代以上の方も青春時代を思いを馳せながらじっくりと楽しめます!

ブランド名と同様にまだまだ未熟で青二才な天領盃酒造ですが、応援を宜しくお願いします!

cold / Light

原材料 米(国産)、米麹(国産米)
原料米 新潟県産 越淡麗
精米歩合 非公開
日本酒度 非公開
酸度 非公開
度数 14度(原酒)
蔵元 天領盃酒造 (新潟県)


関連商品

商品一覧

特集から選ぶ

日本酒 -蔵元で選ぶ

自然派ワイン・日本ワイン

クラフトビール

梅酒・果実酒・リキュール

本格焼酎

食品

その他・インフォメーション

営業日について
  • 今日
  • 定休日
  • 12時より営業

こちらのカレンダーは、

与板本店の営業日となります。



営業時間

 火~土 : 10時~17時

 日、祝 : 12時~17時




ページトップへ